【Daytona Talk vol.1】#2 ~ECの人たちの就活~

BLOGをご覧の皆様

 

こんにちは!

リクルーティングチームの梅村です!

 

一昨日アップさせて頂きました、【Daytona Talk vol.1】#1はご覧いただけましたでしょうか?

本日はそちらの続編となります。

(三夜連続とお伝えしておりましたが、昨日ホームページのシステム障害によりアップできなかったため、本日2記事アップさせて頂きます。)

 

今回は就活にフォーカスしてお話ししていただいた回となります。

ぜひご覧くださいませ。

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――

梅村「次はちょっと話題が変わるんですが、皆さんがどんな就活をしてなんでデイトナを選んだのか教えていただけますか?」

 

栗田「就活か…みんなアパレル志望だった?」

 

川上「僕アパレルだけでした。」

 

眞下「私はアパレルは二社だけですねー。業界的には出版社がメインでした。」

 

川上「なんか聞いたぞーそれ。」

 

眞下「(笑) 栗田さんはアパレルで絞ってたんですか?」

 

栗田「俺はアパレルだけだったねー。何社受けたっけ?割と…まじめにやってたよ(笑)」

 

川上「ふ~ん…まじめに(笑)」

 

栗田「俺はそもそも教育学科だったから、みんな教員試験を受けてたんだよね。だから学科で普通の企業に就職する人があまりいなくて。だから就活の情報が全然入ってこなかったんだよ。」

 

川上「自ら行かないとって感じだったんすね。」

 

栗田「そう。情報は基本的に取りに行ってた。あと俺の年の就活は経団連の関係で4年の6月スタートで遅かったから結構時間がないって焦ってた記憶がある。」

 

川上「もともとデイトナ知ってたんですか?」

 

栗田「いや、、就活で知ったね。若いうちから自分のやりたいことができる場所に入りたいなーと思ってて、いろいろ受けてく中で一番それができそうだからここにした。みんなはデイトナ知ってた?」

 

川上「フリークスは知ってました。」

 

眞下「同じです。フリークスだけ知ってました。」

 

川上「デイトナ、、、デイトナ?ってなりましたね最初。」

 

栗田「うちってさ、いわゆる大手と比べると規模は小さくなるじゃん。その中でうちを選んだのってなんか理由があったの?」

 

川上「僕はおっきすぎるとやっぱ人も多いしできる業務の幅が少ないなって思いました。どうせやるんだったらいろいろ経験できるほうがいいなって思ったってのは結構あります。実際入ってからもその判断は間違ってなかったなって。」

 

栗田「どんな経験がほしいなって思ってたの?」

 

川上「んー、チームとか組織をマネジメントしてゴールを目指すみたいなのが好きなんで、個人プレーじゃなくてみんなでつながりながら目標に向かっていける経験みたいなのが欲しかったんだと思います。」

 

栗田「キャッチャーの経験からきてるのかな(笑)」

 

川上「そうかもしれないです(笑)一人ではできないことをみんなでやっていけるっていう経験はすごい価値があるなって思います。」

 

栗田「じゃあチームでやっていけるような雰囲気を就活生の時から感じ取ってたわけだ。デイトナ人と人の距離が近いもんね。」

 

川上「めっちゃ近いっすね。採用から近いですもんデイトナ。いい意味で会社感がないんで。(笑)そこから感じるものはありました。」

 

栗田「眞下ちゃんは去年就活してたってこと?だよね?」

 

眞下「そうですね。出版業界も受けたり教育実習もいったりあの頃は詰め詰めでいろいろしてました。大学で美術史の勉強してたのでそういう文化的なことを発信できる会社にいきたいなーって思っていました。大きく言えば教育もそうですし、出版もそうですし、そしてアパレルでそういうことを発信するのも結局全部同じことだなって言う風に思って就活してました。」

 

川上「ふーん。なるほど。」

 

眞下「そんな中で決め手になったのは、一般的に選考って『どううちに貢献してくれますか?』ってなりがちだと思うんですけど、デイトナは『どう成長していきたいですか?』って聞いてくれたのが印象的で。一人ひとりを大切にしてくれて成長を支援してくれる会社なんじゃないかって、いいなーって感じました。」

 

栗田「なるほどね~。確かに選考じっくり見てもらえてる感あった。俺三次面接1時間の予定だったんだけど1時間半ぐらい話してたもん(笑)」

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

本日はこちらまでとなります。

 

それぞれの異なった価値観を持った人たちがこうしてデイトナに共感して集まっていることを再認識しました。なんだか不思議な気持ちになったとともにいろんなバックグラウンドを持った人たちが集まって仕事をするからこそ面白いモノが生まれていくんだろうなということも実感できました。

 

 

次回はなんと【Daytona Talk vol.1】最終回となります、、、!

それではまた明日お会いしましょう~!

RECENT POSTS

【イベント】初の試み!オンライン内定者研修を実施しました!!

MORE

【Daytona Talk vol.3】#3~デイトナの育成の特徴~

MORE

【Daytona Talk vol.3】#2~仕事の流儀~

MORE