【Daytona Talk vol.3】#2~仕事の流儀~

BLOGをご覧のみなさま

 

今回は前回の続きのエリアマネージャーの方々のインタビューです。

 

三者三様という言葉がぴったり当てはまるような内容になりました。

ぜひご覧ください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

梅村「次は仕事の流儀についてお聞きしていいですか?」

 

大澤「プロフェッショナルみたいだね(笑)なんかある?」

 

半田「私あります。“信頼”です。」

 

大澤「素晴らしいね。」

 

半田「なんでも信頼だと思うんですよ。それこそさっき大澤さんがおっしゃってた先輩に助けてもらえるって話も、その人が先輩と信頼関係をつくってきたから助けてくれるんだと思う。大澤さんが真面目に真摯に仕事に向き合ってたから、周りの先輩も『こいつ困ってるから助けてやろう』って思ったんだと思うんですよ。」

 

大澤「なるほどね。」

 

半田「何か会社で成し遂げたいと思ってもそれを実現するには周りの協力は必要で。それで巻込むのがうまい人って何だろうって思ったときにやっぱ信頼。嘘つかない、真面目に取り組む、一回教えてもらったことは真摯に受け止めてみる、、、って信頼関係作っていくのが仕事だなって思うんですよ。結局人と人のことなんで。だからそこは大切にしてますね。」

 

石谷「俺は“喜んでもらうこと”かな。お客様にももちろん当たり前に喜んでもらうことだし、あとは仲間だったら成長して喜びを分かち合ったときすごいうれしい。喜んでもらうような環境とか職場づくりは仕事の流儀としてあるかなって思うかな。」

 

半田「かっこいい(笑)」

 

大澤「プロフェッショナルだね(笑)喜んでもらう、、、大事だね。」

 

半田「大澤さん何ですか?」

 

大澤「んー、、、なんだろね。大事にしてることは二つある。一つ目は“一旦会社の成長とか利益とかは置いといてその子のために何かしてあげたい”っていう考え方。そういう風に育てられたからね。伝えることで今その子は嫌な気持ちになってしまうかもしれないけど長い目で見た時にその子にとって必要だと思ったらちゃんと伝えるとか。」

 

石谷「なるほどね」

 

大澤「二つ目にすごく大事にしてるのは本質。『それって大事なの?』とかもそうだし、『なんでやるの?』『それってやる意味あるの?』とかは自分のなかで大きいところかな。なんでもかんでもやるではなくて、世の中もどんどん変化してるからより効率も求められるし。その中で本質的に何が大事なのかの重要思考みたいなものを大事にしているっていうのが流儀というか、、、自分を動かしてる中身なのかなあって気がするかな。」

 

半田「めちゃくちゃ当てはまると思います大澤さん(笑)」

 

石谷「そうだね~(笑)」

 

大澤「いろいろ怒られることもあるけど(笑)これは新卒のころからそういう風な目線はもってたかな。だから悪い風に見えたこともあるし。」

 

半田「なるほど、、、」

 

大澤「プロフェッショナル!!!」

 

石谷「(笑)」

 

半田「かっこいいかっこいい(笑)」

 

大澤「大丈夫?こんな感じで(笑)」

 

梅村「はい、ありがとうございます!デイトナのアットホームな感じも伝わるかと思います!(笑)」

 

石谷「カットしていいからね(笑)」

 

半田「(笑)」

 

梅村「載せさせていただきます(笑)大澤さんは新卒のころからそのような気持ちを持ち続けてたとおっしゃってましたが、石谷さんと半田さんも入社当時から大事にされてきたんですか?」

 

石谷「いや、、、」

 

大澤「いやって言ってる人いる」

 

石谷「最初言ってたみたいに入社当時は自分本位なところがやっぱりあった。でも働く中で自分の立場が上がるだけじゃ仲間の生活は豊かにならないじゃないですか。仲間も成長とかしないと。そういうところに自分は悩んだところもあって今のマインドができたって感じですかね。」

 

大澤「石谷も悩むんだね。」

 

石谷「意外とね。寝る前に。」

 

半田「悩まなさそうです石谷さん(笑)」

 

石谷「悩むよ(笑)」

 

大澤「半ちゃんは?最初から思ってた?」

 

半田「私は最初からですね。私仕事って修行だと思ってるんですよ。(笑)」

 

石谷「(笑)」

 

半田「人生勉強?ていう感じで思ってて。だから最初から信頼は大事にしようと思ってました。」

 

大澤「いつの時代の人なの?(笑)」

 

半田「部活ずっとやってきてたからですかね。。。(笑)お金をもらいながら修行してるイメージです(笑)」

 

大澤「武士だね(笑)」

 

石谷「江戸時代だ(笑)」

 

半田「もっとかわいい表現にしといたほうがいいのかな、レッスンとか(笑)人生レッスンで!!(笑)」

 

石谷「でも半ちゃんみたいなロールモデルというか女性から好かれる人がいるっていうのはすごいいいよね。憧れてる人めっちゃ多いよきっと。」

 

半田「いやあぁぁ、、、(笑)て感じですけどね自分では。(笑)誰も同じにならなくていいし皆さん自分の、、ゴーイングマイウェイでお願いします(笑)」

 

大澤「横文字多いな(笑)」

 

梅村「ありがとうございます。最後に皆さまや皆さまの同期のキャリアについてお聞きしたいのですが、まず最初のキャリアとしてデイトナを選ばれた理由はなんだったんですか?」

半田「理由は一つじゃないんですけど、『はやく成長したかった』っていうのが大きかったです。大学生の時に自分の人生を考えてみたんですね。結婚もしたいし出産もしたいし、キャリアウーマンにもなりたいって思ったときに、全部叶えるためには若いうちからいろんな経験をどんどん積ませてもらうことが必要だと気付いて。それがデイトナが一番だと思いました。」

 

大澤「なるほどね~。お谷は?」

 

石谷「お谷はね~。大学生の時に学校通いながらアパレルの専門学校とか行ってたんだよ。」

 

半田「えぇ~すご~い!」

 

石谷「いや、大学一年生の時に遊びすぎて単位落としちゃったんですよめちゃくちゃ(笑)それで俺なにしてんだろうってなっちゃって、それで何が好きかなって考えてアパレルの学校行き始めたんだ。で、結構自分の中で行動力あるほうだと思ってて。それをすぐ使いたい今すぐ生かしたいって思ってた。それでまあ大手とかも見てたんだけど、実際にフリークスの店舗行って店長さんに話聞いてとかしてると、一人一人の仕事の幅が多岐に渡ってて、いろんなことやらせてもらえるって感じて。『絶対成長につながるな』って思ってこの会社に決めたって感じかな。」

 

大澤「素晴らしいね、、、!!」

 

石谷「いやいや(笑)大澤は?」

 

大澤「俺はねー、めっちゃバカなんだけどかっこいい大人になりたかった。俺の中のかっこいい基準っていうのは、①お金が稼げること②見た目③中身の成熟度っていうこの三つなんだけど。それで『アパレルで働いたらかっこよくなれそうだな』みたいなところがまず一つ。それでお金は中身の成熟度と比例してくると思ってて。俺、人に言われたことやるのすっごい嫌いなんだよ(笑)人に言われたことをやるっていうだけですごくやる気を削がれる。(笑)じゃあ自分で責任もってできるところがいいなあっていうところを思って。それでやりたいことやって修正していって成長すればかっこいい大人になれると思ったんだ。そしてデイトナは社長をはじめとして好きなことやっててかっこいい人がいっぱいいたんだ。それがきっかけかなあ~。」

 

石谷「デイトナって経営者を生み出してるのもすごいなって思って。何かそういう原点のようなものが学べるんじゃないかなって思ったのも決め手の一つだね。」

 

大澤「必ずしもほかの会社とは違う空気感を感じた。違う熱量というか。」

 

石谷「そうだね。感じたね。」

 

大澤「この会社に入って失敗する成功するはともかく試してみたいという気持ちになった。入社して大変なこともあったけど、今は入ってよかったなってすごく思うね。」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

本日はここまでです!

 

みなさんそれぞれの考え方やスタイルがあってそれをお互いにリスペクトなさっているところが素直にかっこいいと感じましたし、デイトナらしいなと思いました。

 

次回はデイトナの育成の特徴についてお話しいただいておりますのでぜひそちらもチェックしてみてください!

RECENT POSTS

【イベント】初の試み!オンライン内定者研修を実施しました!!

MORE

【Daytona Talk vol.3】#3~デイトナの育成の特徴~

MORE

【Daytona Talk vol.3】#2~仕事の流儀~

MORE